パスポートの中身

語学留学と収入を両立できるオーストラリアのワーキングホリデー

オーストラリアがワーキングホリデーの渡航先として人気な理由とは

海辺でジャンプする若者

ワーキングホリデーとは、海外で働きながら1年間滞在する事が出来る制度です。
若者の国際的視野の拡大と相互理解を目的として行われているシステムで、2カ国の協定に基づき、世界的に行われています。
国にもよって異なりますが、18歳から30歳までの人を対象として、1人1カ国1回行く事が可能です。異文化に触れる事で視野を広げたり、語学力を高める事が出来るので毎年、多くの若者がワーキングホリデーを利用して渡航をしています。
そのワーキングホリデーの渡航先として、人気を集めているのがオーストラリアです。
オーストラリアは日本が始めてワーキングホリデーの協定を結んだ国で最も歴史のある渡航先と言えます。
英語の勉強が出来るのはもちろん、生活をする上でも年間を通して温暖なので快適です。
また、オーストラリアは日本以外からも数多くのワーキングホリデーを受け入れており、受け入れる側としても定着をしています。ワーキングホリデー先として、真っ先に選択肢として入れるべき国と言えるでしょう。
なお、何から手をつけて良いかわからない方や現地での滞在に不安を感じる方はワーキングホリデーをサポートしてくれるエージェントに相談をするのが賢明です。プロの視点で準備から滞在までをサポートしてくれます。